日本体育大学

お知らせ一覧

日本体育大学

米訓練機関(IATA)とパイロット養成講座の開設に関する基本契約を締結

 学校法人日本体育大学とアメリカ合衆国カリフォルニア州ナパ郡に本拠地を置くInternational Airline Training Academy(IATA)は3月22日、松浪健四郎理事長、今村裕常務理事、Capt.Jean-Marc Eloyらが出席し、パイロット養成講座の開設に関する基本契約を締結しました。

続きはこちら:http://www.nittai.ac.jp/topics/pr/iata.html

日本体育大学

スピードスケート 髙木美帆が理事長、学長報告を行ないました。

 平成28年3月16日(水)、本学のスケート部に所属する髙木 美帆(体育学科3年) が松浪理事長、谷釜学長に2015年度の大会成績の報告を指導者であるスケート部 青柳 徹 部長と共に行ないました。

続きはこちら:http://www.nittai.ac.jp/topics/athletic_meeting/post_334.html

日本体育大学荏原高等学校

長期留学プロジェクト【NZ】現地報告

ニュージーランドへ留学している生徒からの現地報告です。

それぞれが異文化を体験し、とてもいい刺激を受けているようです。

続きはこちら:http://www.nittai-ebara.jp/school/gyouji/news.php?eid=00192

日本体育大学

第20回世界大学クロスカントリー選手権大会において日本代表が団体優勝に輝く

 平成28年3月12日(土) イタリアのカッシーナにて開催されました第20回世界大学クロスカントリー選手権大会において、本学の陸上競技部(女子駅伝部ブロック)に所属する細田あい(体育学科2年)が日本代表選手として出場し、国別対抗において、団体金メダルを獲得いたしました。

続きはこちら:http://www.nittai.ac.jp/topics/athletic_meeting/20_4.html

日本体育大学桜華高等学校

3ヶ月留学-無事に帰国しました!

 3月13日(日)、カナダでの「3ヵ月留学」を終え、5名の生徒が帰国しました。

 空港では、家族との再会に安堵の表情を浮かべつつ、現地で頑張ることのできた自信と喜びの表情に満ち溢れていました。

続きはこちら:http://www.ohka.ed.jp/news/entry/000457.html

日本体育大学桜華高等学校

特別競技部(スノーボード)Japan cup 第3位!!

 先日行われたスノーボード・ワールドカップ2016イン札幌大会にも出場した、本校の高校3年生・小峰さくらさん(練馬区上石神井中学校出身)がFISスノーボードジャパンカップで第3位に入賞しました。

続きはこちら:http://www.ohka.ed.jp/news/entry/000454.html

日本体育大学荏原高等学校

【スキー部】第54回東京都高等学校スキー大会結果報告 男子総合優勝V2!個人2種目優勝!

 日体荏原高等学校スキー部は、第54回東京都高等学校総合体育大会スキー大会(新潟県:舞子スキー場、H28年2月11日〜17日)に出場し、男子団体戦総合優勝(2年連続4回目)を女子選考会団体3位、個人戦2種目優勝(男子)という好成績を残すことができました。

続きはこちら:http://www.nittai-ebara.jp/club/club-taiiku/ski/news.php?eid=00027

日本体育大学桜華高等学校

3ヶ月留学-カナダでの生活も残りわずかに

 早いもので、今週末に帰国の時を迎えます。

 留学生5名はそれぞれ、現地の高校での授業やホストファミリーとの生活を楽しんでいます。残りの生活も悔いのないように、頑張ることを期待しています。

 現地からのレポートを、一部抜粋で掲載します。

続きはこちら:http://www.ohka.ed.jp/news/entry/000455.html

学校法人日本体育大学

学校法人日本体育大学、学校法人名城大学及び岐阜県可児市と 「3者連携・協力に関する協定」を締結

 学校法人日本体育大学、学校法人名城大学及び岐阜県可児市は、2月29日可児市役所において、松浪健四郎理事長、今村 裕常務理事、谷釜了正学長及び、学校法人名城大学 小笠原日出男理事長、吉久光一学長、冨田成輝市長らが出席し3者間で、「包括的かつ多様な分野で相互に連携・協力し、地域社会の発展と学生の実践力の養成に寄与する協定」を結んだ。
 この協定は、可児市が30番目となる。

日本体育大学

平成27年度JICA短期ボランティアに学生19名を派遣

 平成26年8月9日、本学とJICAとの連携強化に関する覚書の締結により、本学は、体育・スポーツ分野の応募者および派遣者の確保を通じて、開発途上国における体育・スポーツの普及・振興を図るとともに、大学の知見・人材を有効に活用することにより、大学の国際協力分野における人材育成に取り組んでいます。

 また、JICAボランティア公募案件や関連案件への応募を希望する学生等に対しては、語学学習支援等の必要な支援も行なっております。

続きはこちら:http://www.nittai.ac.jp/topics/pr/27jica19.html