日本体育大学

お知らせ一覧

学校法人日本体育大学

NITTAIDAI×自治体 フォーラム2016

 学校法人日本体育大学は、「体育・スポーツ・健康づくりの交流で地域を活性化する」と題して、12月9日(金)、帝国ホテルにおいて全国45の提携自治体と「NITTAIDAI×自治体 フォーラム2016」を開催した。

 松浪健四郎理事長、谷釜了正学長の挨拶に続き、島根県隠岐郡海士町の山内道雄町長が基調講演を行い、続いて富山県氷見市、広島県呉市の連携事業への取組み事例の発表があった。

 特別講演では、自由民主党の二階俊博幹事長が、国土強靭化計画(津波の防災対策等)についての講演を行い、会場の参加者に大きな共感を与えた。

 終了後、二階俊博幹事長にも懇親会に参加頂き、今村 裕常務理事の挨拶、乾杯の音頭により、各自治体同士の交流を深め「NITTAIDAI×自治体 フォーラム2016」は盛会のうちに終了した。

学校法人日本体育大学

モンゴル国会議員等が来校

 12月6日、松浪健四郎理事長との意見交換並びに大学施設を見学するため、モンゴル日本議員連盟会長(国会議員)、ドルゴルスレン氏(第68代横綱 朝青龍関の実兄)他9名が、日本体育大学 東京・世田谷キャンパスを訪れた。

 松浪健四郎理事長と大会議室にて意見交換を交わした後、大学学生食堂にて昼食を交えながら、暫し懇談を行った。

 その後は、1街区教育研究棟にあるEOS像(中村晋也作)や5街区スポーツ棟にある第68代横綱 朝青龍関の優勝額、また小体育館(相撲場)やメインアリーナ、その他モンゴル大統領来校時の記念植樹木、戦没者慰霊碑などの見学を行い、本学との友好関係を深めた。

学校法人日本体育大学

学校法人日本体育大学は埼玉県桶川市と「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結

 学校法人日本体育大学と埼玉県桶川市は、11月30日桶川市役所仮庁舎において、松浪健四郎理事長、今村 裕常務理事、谷釜了正学長、小野克典市長らが出席し、「体育・スポーツ及び振興に関する協定」を結んだ。

 この協定は、「体育・スポーツ及び健康づくりの分野において、それぞれの有する教育資源を有効かつ適切に活用し、相互の一層の発展を図ることを目的とする。」ものであり、本法人と全国の自治体との協定は、桶川市が44番目となる。

学校法人日本体育大学

リオデジャネイロ2016祝賀会

 リオデジャネイロで開催された第31回オリンピック競技大会・リオ2016パラリンピック競技大会にて本学関係者が大活躍し、好成績を収めることができたことに対し、11月23日(水)帝国ホテル東京「孔雀の間」おいて祝賀会が開催されました。

 当日は、法人・大学関係、外部支援者、オリンピック・パラリンピック出場選手/コーチ/関係者、日本体育大学学友会陸上競技部(駅伝ブロック)、応援団部、チアリーダー部、ブラスバンド部、日本体育大学柏高等学校吹奏楽部の総勢1,300名の方々にご出席いただき、祝賀会の中では、選手・コーチ関係者の紹介や記念品の贈呈等が行われました。

 又、年始に行われる第93回東京箱根間往復大学駅伝競走の好成績を祈念し、学友会陸上競技部(駅伝ブロック)の選手に向けて応援団、チアリーダー部、ブラスバンド部によるエールが贈られました。

 リオデジャネイロ2016祝賀会は盛会裏に終了しました。

学校法人日本体育大学

学校法人日本体育大学は鹿児島県姶良市と 「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結

 学校法人日本体育大学と鹿児島県姶良市は、10月31日姶良市役所において、松浪健四郎理事長、今村 裕常務理事、具志堅 幸司副学長、笹山 義弘市長らが出席し、「体育・スポーツ振興に関する協定」を結んだ。

 この協定は、「それぞれの有する教育資源及び人的資源を有効かつ適切に活用することにより、体育・スポーツ及び健康づくりの各分野における一層の発展と更なる社会貢献を図ることを目的とする」ものであり、本法人と全国の自治体との協定は、姶良市が43番目となる。

学校法人日本体育大学

学校法人日本体育大学は岩手県宮古市と「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結

 学校法人日本体育大学と岩手県宮古市は、10月17日宮古市役所において、松浪健四郎理事長、今村 裕常務理事、谷釜了正学長、山本正德市長らが出席し、「体育・スポーツ振興に関する協定」を結んだ。

 この協定は、「体育・スポーツ及び健康づくりの分野において、それぞれの有する教育資源を有効かつ適切に活用して相互利益を図ることを目的とする」ものであり、本法人と全国自治体との協定は、宮古市が42番目となる。

学校法人日本体育大学

125周年記念 「日本體育會體操學校正門(復元)」除幕式

 9月28日、東京・世田谷キャンパス正面ロータリー横において、松浪健四郎理事長、今村 裕常務理事、谷釜了正学長、岡安グループ代表 岡本 昭氏、株式会社久米設計 常務・執行役員 中村泰敏氏、東急建設株式会社 取締役常務・執行役員 臼井二郎氏や、リオ・オリンピック、パラリンピック出場選手並びに役員等により、「日本體育會體操學校正門(復元)」の除幕式が行われました。

 日本体育大学の設立母体である学校法人日本體育會は、明治24(1891)年8月11日「體育会」(翌年「日本體育會」に改称)の名のもとに日高藤吉郎先生により創立されました。

 この門は、日本体育大学の前身である「日本體育會體操訓練所」を昇格させ、明治33(1900)年に「日本體育會體操学校」として開設された当時の正門を、125周年記念事業の一環として復元、設置したものです。

 なお、この門は大阪在住の本学卒業生、岡本 昭氏の多大な篤志により設置されたものです。

学校法人日本体育大学

学校法人日本体育大学は大分県別府市と「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結

 学校法人日本体育大学と大分県別府市は、9月6日別府市役所において、松浪健四郎理事長、今村 裕常務理事、谷釜 了正学長、長野 恭紘市長らが出席し、「体育・スポーツ振興に関する協定」を結んだ。

 この協定は、「体育・スポーツ及び健康づくりの分野において、それぞれの有する教育資源を有効かつ適切に活用し、一層の発展並びにさらなる社会貢献を図ることを目的とするもの」であり、本法人と全国の自治体との協定は、別府市が41番目となる。

学校法人日本体育大学

学校法人日本体育大学は山形県中山町と「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結

 学校法人日本体育大学と山形県東村山郡中山町は、8月29日中山町中央公民館において、松浪健四郎理事長、今村 裕常務理事、谷釜 了正学長、佐藤 俊晴町長らが出席し、「スポーツ推進・健康づくりに関する協定」を結んだ。

 この協定は、「スポーツ及び健康づくりの分野において、それぞれの有する教育資源を有効かつ適切に活用し、一層の発展並びにさらなる社会貢献を図ることを目的とするもの」であり、本法人と全国の自治体との協定は、中山町が40番目となる。

学校法人日本体育大学

学校法人日本体育大学は、埼玉県狭山市と「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結

 学校法人日本体育大学と埼玉県狭山市は、7月25日狭山市役所において、松浪健四郎理事長、今村 裕常務理事、谷釜 了正学長、小谷野 剛市長らが出席し、「体育・スポーツ振興に関する協定」を結んだ。

 この協定は、「体育・スポーツ分野において、それぞれの有する教育資源を有効かつ適切に活用し、一層の発展並びにさらなる社会貢献を図ることを目的とするもの」であり、本法人と全国の自治体との協定は、狭山市が39番目となる。