本文へスキップ

 The Research Institute of Nippon Sport Science University

所長挨拶

健やかなからだを育む


日体大総合研究所 所長

 平成25(2013)年4月1日、学校法人日本体育大学日本体育大学の中に、日体大総合研究所が発足致しました。「名は体を表す」と言われるように、体育を基盤とするこの法人にあって、体躯に関わる様々な学術的・社会的問題について、広く、深く、多彩な視点とアプローチ法により、総合的に研究すると共に、情報発信し、法人に寄与し、かつ社会貢献することを目標としています。

 本来、体育は、physical education,körpererziehungなどの近代西欧語の概念に呼応する言葉として、用いられてきましたが、その意味するところは、「からだを育む」です。

 体育、(もしくは身体教育)は、健全な身体形成を図り、健全な身体観とスポーツ観を育 み、自分自身の「体(からだ)を育む」ことに主体的に立ち向かい、実践していく意識と行動力を育成する教育実践の営みです。

 そうした意識に立って、子供から高齢者まで、一流スポーツ選手、疾病、障害を有する人々の心身の健康と実りある人生と自己実現に結びつくような事業・活動を着実に展開していこうと考えています。

 2020年(平成32)年の東京オリンピック・パラリンピック招致が決定したその年に、本研究所が生まれ、歩み始めました。これも大変嬉しい縁(えにし)と思います。

 日本体育大学の建物3階の一角に、同じく今年、世界文化遺産に認定された富士山の姿を 窓から眺めつつ、常勤3名のスタッフで、明るく和やかに真摯に業務に従事していこうと思います。

関係者の皆様方のご支援・ご協力のほど、お願い申し上げます。

                                  (学)日体大総合研究所
                                     

日体大総合研究所

〒158-0081
東京都世田谷区深沢7-1-1

教育研究棟3階 2313

TEL 03-3704-5301

FAX 03-3704-5211