日本体育大学

沿革

1891(明治24)年 日高藤吉郎、東京市牛込区に体育会を設立  
1892(明治25)年 体育会を「日本体育会」に改称 写真:日本体育会発祥之地
1893(明治26)年日本体育会体操練習所を東京市麹町区飯田町4丁目に設置
1898(明治31)年閑院宮戴仁親王を総裁に推戴
1901(明治34)年日本体育会を社団法人組織に改組
1903(明治36)年体育学校に女子部を開設し、普通科1年の課程を置く
1904(明治37)年荏原中学校(現 日本体育大学荏原高等学校)を設置
1940(昭和15)年社団法人を解散、財団法人日本体育会へ組織変更
1949(昭和24)年日本体育専門学校を新制大学(日本体育大学)へ昇格
1951(昭和26)年財団法人日本体育会から学校法人日本体育会に組織変更
1953(昭和28)年日本体育大学女子短期大学(日本体育大学女子短期大学部)を設置
1955(昭和30)年日体幼稚園を設置
1958(昭和33)年日体桜華高等学校を設置
1960(昭和35)年柏日体高等学校(現 日本体育大学柏高等学校)を設置
1962(昭和37)年浜松日体高等学校を設置
1972(昭和47)年学校法人 日本体育会(現 学校法人 日本体育大学)創立80周年記念式典挙行
1973(昭和48)年日体柔整専門学校を設置
1975(昭和50)年日本体育大学大学院体育学研究科(修士課程)を設置
1991(平成 3)年学校法人 日本体育会(現 学校法人 日本体育大学)創立100周年記念式典挙行
1994(平成 6)年桜華女学院中学校を設置
1998(平成10)年日本体育大学大学院体育科学研究科博士(前期・後期)課程を設置
2002(平成14)年浜松日体中学校を設置
2012(平成24)年学校法人日本体育会を学校法人日本体育大学に名称変更
2013(平成25)年日本体育大学児童スポーツ教育学部を開設
2014(平成26)年日本体育大学保健医療学部を開設
2015(平成27)年日本体育大学女子短期大学部を廃止
2016(平成28)年学校法人日本体育大学創立125周年記念式典挙行
2017(平成29)年日本体育大学スポーツ文化学部を開設
2017(平成29)年日本体育大学院教育学研究科博士(前期・後期)課程を設置
2017(平成29)年日本体育大学附属高等支援学校を設置